胆石と胆嚢炎

胆石と胆嚢炎

胆石があると、胆嚢炎の発症につながることがあります。胆嚢炎の90パーセント以上は、胆石から引き起こされるといわれているのです。

 

胆嚢のなかに胆石があると、胆管などに結石が詰まることがります。その状態が長く続くと、血液の流れが悪くなり、細菌侵入して胆嚢内で増殖してしまいます。これにより、炎症が引き起こされるのです。

 

胆嚢炎には、急性と慢性があります。急性胆嚢炎では、お腹の右上が激しく痛み、悪寒、吐き気、高熱などの症状が現れます。化膿した胆嚢が破れると、腹膜炎につながる恐れもあるので、早急に病院へ行かなければいけません。

 

慢性の場合は、もう少し進行が緩やかです。お腹の右側に軽い痛みや圧迫感を感じて、下痢、吐き気、便秘などがみられます。

 

多くの場合は、食後に痛みを感じるようです。

 

軽症なら、投薬治療で炎症を抑えるようにします。症状が進むほど、処置を早くしなければならなくなります。重症化して黄疸が出たりすると、合併症の危険もあるので、緊急の措置が必要になります。こなると、たいていの場合は、胆嚢の摘出手術になります。

 

たとえ、軽症であっても、症状が落ち着くまでは、安静にしていなければいけません。

 

胆嚢を摘出すると、手術前にくらべて食事内容を改善しなければいけませんが、同時に胆石も取り除くので、痛みや不快な症状からは解放されます。

 

それに、肝臓がなくなった胆嚢の役割を引き継いぐので、体力が回復すれば快適に暮らせるようになるでしょう。