血液サラサラになる食べ物

血液サラサラになる食べ物

血液サラサラになる食べ物として一般に評価されているものは沢山ありますが、その中から代表的なものを挙げるなら、タマネギ、トマト、にんにく、大葉などの野菜、イワシ、マグロ、などの青魚、豆類・海草・キノコ類など大きく分けると4種類ほどの食品になりますので、肉類以外はほとんどが当てはまる事になります。ようするに、バランスよい食生活を心がけることこそ、究極の血液サラサラ習慣ということです。

 

主食も可能なら玄米・雑穀に代えましょう。雑穀とはアワ・キビ・ヒエなど、その昔、戦前に食べられていたイネ類は、味こそ白米に及びませんが、カルシウムやミネラルと共に栄養価の高い食品群です。玄米はこれらの栄養成分に加えて食物繊維も豊富ですから、食べ始めてすぐに違いを感じることでしょう。

 

イワシ・マグロに代表される青魚群は、不飽和酸脂肪酸を構成しているドコサヘキサ塩酸やイコサペンタエン酸という成分がコレストロールや中性脂肪を分解し、除去する機能を持っているので、血液サラサラの状況を作り出すことができます。

 

イワシ・マグロなどに含まれるDHA・EPAを効率よく補給できるサプリメントについては、こちらのEPAサプリ比較ランキングをご参考ください。

 

野菜は元来、食物繊維を多く含んでいるものがほとんどなので、どの野菜を摂取しても血液サラサラを実感できます。

 

より効果を高めたいなら、緑黄野菜のように色の濃い野菜をオススメします。抗血栓機能、抗酸化機能に優れていますので、1日350gを目標に食事メニューに積極的に取り入れていきましょう。特に皮のすぐ裏側に栄養成分が集中していますので、可能なら丸ごと食べる事が望ましいです。

 

大豆類・海草・きのこ類は、美容食としてもオススメです。特に大豆製品は抗酸化作用に優れているので、積極的に普段の生活に取り入れたい食品です。

 

食物繊維が豊富な上に低カロリーなので、糖尿病や高脂血症、メタボシンドロームなどの成人病予防としても最適です。

2014/10/06 21:39:06 |

豆乳には、体の新陳代謝を高める効果がある事からダイエットにも取り入れられています。ダイエットには、食事制限や運動など、様々な方法がありますが、どれもきつく挫折する人も大勢います。

 

しかし、豆乳ダイエットは、豆乳を飲むだけでダイエットする方法であるためそれほど苦にすることはありません。そこで、今回は、豆乳ダイエットについて、紹介していきます。

 

豆乳は、低カロリーでありながら体に必要な栄養を豊富に含んでいてその中に含まれている良質なたんぱく質は、体の余分な脂肪を燃焼する働きがあることからダイエットに取り入れられました。

 

食事制限を行うと素人の場合、偏った栄養バランスとなってしまい体に悪影響を及ぼします。また、運動となると、体力が無い人には、とてもきつい作業となります。

 

人それぞれ基礎代謝があり、高い人も居れば低い人も居て沢山食事をしても基礎代謝が高い人は、その分を消費するので良いのですが、基礎代謝が低い人は、元々の消費量が少ないため太りやすくなります。

 

豆乳を体内に取り入れる事で体の基礎代謝を高めてダイエットする事が出来ます。更に豆乳には、大豆イソフラボンと呼ばれる成分が含まれており、特に女性にホルモンバランスを正常に保つ効果があることでダイエット効果もあります。

 

このように豆乳は、ダイエットにおいて、必要な体の働きを促す効果がありますが、短期間ですぐに効果が表れるわけでは無く、継続的に豆乳を飲む事で初めてダイエット効果が表れてきます。

2014/10/06 21:38:06 |

ウォーターサーバーを導入しようと考えた時、初期費用の安さで選んでしまうと、意外と継続使用していく間にメンテナンス代などの費用がかさんでしまうといった場合があります。

 

ドリームウォーターなら、メンテナンスがいらない衛生的なシステムを採用しているので、安心して使い続けることができますし、リーズナブルな価格で無理なく使えるというところが人気です。

 

また、他社のウォーターサーバー本体がおしゃれなインテリアで揃えたお部屋に合わないという方にも、7色の中から選べるドリームウォーターのウォーターサーバーが人気です。

 

ドリームウォーターのウォーターサーバーならどんなお部屋にも馴染み、最先端のスタイリッシュな雰囲気を醸し出してくれますので、美容院やネイルサロンなどの雰囲気づくりが重要なお店での使用にも最適です。

 

また、お水の種類もパナジウム天然水、ゲルマニウム豊富な日田の天然水、アルカリイオン水、夢の天然水という4種類が用意されていますので、味にこだわりたいという方にもきっとぴったりのお味が見つかると思います。毎月、いろいろな味を楽しみたいという方や、いろいろな効果を得たいという方にもご満足いただいています。

 

そして、なんといっても嬉しいのが、使い続けていくことでたまっていくポイントです。ポイントをためていろいろな賞品をゲットすることができますので、楽しんでウォーターサーバーを使用していくことができるのが人気の秘訣です。

2014/10/06 21:37:06 |

アトピーの症状に悩む人

アトピーになってしまったら、一生治すことができないという話を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか?

 

アトピーを完治させることができたという体験談もあれば、アレルゲンがあるから治すことはできないという意見もあります。

 

アトピーになって治すことができた人もいれば、そうではない人もいます。ですから、完璧に治すことができると言い切ることはできないのですが、症状が表れにくくなるようにしていくことはできます

 

アレルゲンを突き止める

 

アトピーを発症しにくくしていくためには、アレルゲンを特定することから始めるようにしましょう。小児型アトピーや乳幼児アトピーであれば、食べ物がアレルゲンになっていることが大半を占めているのですが、その食べ物を特定し、口に挿せないようにしていくようにしましょう。

 

次に成人型アトピーの場合は、食べ物以外にも、ほこりやダニ、有害物質などによってアトピーの症状が引き起こされてしまうということもありますし、ストレスが原因になっていることもあります。

 

アレルゲンを特定しても完全に防ぐことはできないかもしれませんが、意識をするようにしてアレルゲンを取り込まないようにしていくことによって、症状の悪化や発症を極力防いでいくことは可能です。

 

また、アトピー体質改善を促す栄養を含むサプリ、ドリンクなどを活用すると食事の負担を減らすことができますし、効率的に対策を施すことができます。

 

そして、症状があまり出なくなって、そのまま完治するというケースもあるのです。アトピーになると精神的にもかなりストレスや不安を感じるようになります。ですが、ストレスや不安を積み重ねることによって、さらに症状がひどくなってしまうということもありますから、自分を追い込まないようにしていきましょう。

2014/01/22 10:53:22 |

メタボリックシンドロームは動脈硬化を促進し、脳梗塞や、心筋梗塞のリスクを高めてしまうため、是非とも改善する必要があります。

 

怖いのは、メタボリックシンドロームも動脈硬化も、自覚症状がないことです。動脈硬化になると、血管内部がコレステロールの付着で狭くなり、血管の弾力がなくなったりします。

 

加齢による血管の硬化とは別に、脂肪の摂り過ぎによる動脈硬化が増えています。

 

メタボリックシンドロームは体質や遺伝などよりも、ライフスタイルに問題があることが多く、運動不足と、欧米化した食生活が内蔵型肥満を増やしている原因となっているといえます。

 

内臓脂肪型肥満を解消し、動脈硬化が引き起こすリスクを日々の生活から取り除くように努力しましょう。

 

食事は規則正しく、栄養バランスのとれた食事を1日3食、腹八分目に摂ることが基本です。コレステロールの高いものや、コレステロールを増やす食材は避けて、青魚中心の和食にすることがオススメです。

 

動物性の肉や脂っこいものを食べ過ぎるのを避けるためには、ご飯などの穀類も、適量をしっかりと食べましょう。

 

動物性の油脂の使用は控え、植物性のオイルを使用しましょう。運動不足は内臓脂肪を蓄積させ、メタボリックシンドロームや動脈硬化を促進させてしまうため、運動する習慣を生活の中に取り入れて行くことが大切です。

 

このように食生活や運動を取り入れることで、メタボ対策になるだけでなく、生活習慣病の一種である脂肪肝の改善にも役立ちます。

 

最初は、気軽な散歩から無理なく始めましょう。徐々に身体をならし、ウォーキングなどの有酸素運動を1日最低でも30分くらいを継続的に行なえるようにしましょう。

2014/01/09 19:18:09 |

胆石があると、胆嚢炎の発症につながることがあります。胆嚢炎の90パーセント以上は、胆石から引き起こされるといわれているのです。

 

胆嚢のなかに胆石があると、胆管などに結石が詰まることがります。その状態が長く続くと、血液の流れが悪くなり、細菌侵入して胆嚢内で増殖してしまいます。これにより、炎症が引き起こされるのです。

 

胆嚢炎には、急性と慢性があります。急性胆嚢炎では、お腹の右上が激しく痛み、悪寒、吐き気、高熱などの症状が現れます。化膿した胆嚢が破れると、腹膜炎につながる恐れもあるので、早急に病院へ行かなければいけません。

 

慢性の場合は、もう少し進行が緩やかです。お腹の右側に軽い痛みや圧迫感を感じて、下痢、吐き気、便秘などがみられます。

 

多くの場合は、食後に痛みを感じるようです。

 

軽症なら、投薬治療で炎症を抑えるようにします。症状が進むほど、処置を早くしなければならなくなります。重症化して黄疸が出たりすると、合併症の危険もあるので、緊急の措置が必要になります。こなると、たいていの場合は、胆嚢の摘出手術になります。

 

たとえ、軽症であっても、症状が落ち着くまでは、安静にしていなければいけません。

 

胆嚢を摘出すると、手術前にくらべて食事内容を改善しなければいけませんが、同時に胆石も取り除くので、痛みや不快な症状からは解放されます。

 

それに、肝臓がなくなった胆嚢の役割を引き継いぐので、体力が回復すれば快適に暮らせるようになるでしょう。

2014/01/09 19:17:09 |

アンチ血液サラサラ・血液ドロドロとは、そもそもどのような状態をさしていうかと言うと、そのままです。粘り気があるので、サラサラの真逆・ドロドロとしていて血管の中をスムーズに流れなくなった状態を指して表現したものです。

 

こういう状態になっていくのに長い年月を要し、自覚もほとんどないので、病院にも行かず、放置してしまいがちですが、実際には、血流は大変悪くなっているため、全身に酸素や栄養を運搬する際に、毛細血管を傷つけながら、脂肪やコレストロールを大量に落としていくので、血管が少しずつ狭まっていきます。

 

またエネルギーを余計に消費する事から、血圧も高くなり、酸素や栄養も不足しがちになります。結果、様々な恐ろしい病気を引き起こす事になります。

 

もしも、倦怠感、疲れ安い、手足が冷える、頭痛やめまいといった諸症状を感じるようになったら、早めに受診しましょう。

 

血液がドロドロになると起きやすい病気の代表格として、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、腎臓病、間欠性跛行などがあります。いずれも、大変深刻なものばかりで、最悪命を落とす可能性もあります。脳梗塞は、脳血栓が進行して引き起こされる病気です。

 

重症となると、脳機能の1部を破壊しますので、意識障害、言語障害、身体障害などの障害を残してしまう事が多いです。

 

狭心症や心筋梗塞も脳血栓がもとになって引き起こされる病気です。血流が悪くなり、一時的に心臓へ血液がまったく行かなくなった状態が狭心症であり、心臓から直接伸びている冠状動脈が、完全に流れをふさがれてしまった状態が心筋梗塞です。死亡する確率はさらに高くなります。